デリケートな肌を優しく洗う、ドルチボーレベビーソープ

ドルチボーレベビーソープは、赤ちゃんのための泡ソープ、
デリケートな肌にも刺激を与えない無添加処方で、全身に使えます。

 

小さな体に、大人と同じ数の汗腺を持つ赤ちゃんは汗っかき、
キレイに洗ってあげないと、かゆみやあせもの原因になります。
同時に、大人のように充分な皮脂は分泌されにくいため、
乾燥してカサカサになりがちです。

 

ドルチボーレベビーソープは、潤いを残して汚れだけを落とすから、
デリケートな赤ちゃんの肌もしっとり、肌トラブルを防ぎます。

 

公式通販サイトはこちら

 

しっとり洗える、ドルチボーレベビーソープの秘密

ベビーソープのベースとなるのは水、
配合量が多いだけに、肌に与える影響も大きくなるので、水選びは重要です。
ドルチボーレに使用されている水は、佐賀県の雷山で採取された天使の希水、
化学物質の汚染を逃れたキレイな水だから、赤ちゃんの肌にも刺激を与えません。

 

肌に欠かせないミネラルであるケイ素を濃縮した溶液UMOや、
肌にもともと備わっているヒアルロン酸にPCA-Na、
そして、コメ由来のセラミド類似成分コメヌカフィンゴ糖脂質を配合、
優しく潤いを与え、健やかな肌へと導きます。

 

自分では洗えない赤ちゃんのために、使いやすさも追及

小さな赤ちゃんは、自分で身体を洗うことはできません。
赤ちゃんの身体をキレイに洗うのは、パパやママの役目、
だけど、じっとしていてくれない赤ちゃんから目を離さずに、
石鹸をしっかり泡立てるのは、なかなか大変です。
だから、ドルチボーレのベビーソープは泡で出てくるタイプ、
泡立てる手間がないから、手早く洗え、
泡切れはスッキリ、すすぎ残しもありません。

 

一足先に愛用している人の声は…

「お風呂上りにはいつもかゆそうにしていた娘の肌がしっとり、
お風呂が好きになったようです」(1歳・ミキちゃんのママ)
「泡立て不要で片手で使えるから、便利!
保湿クリームを使わなくてもツルツルでした」(3か月・タツキくんのママ)
「いつも大騒ぎですが、全身丸ごと洗えるから助かります。
慌ててクリームを付ける必要がないのがイイですね」(9カ月・ハルタくんのパパ)
と多くの愛用者が効果を実感して大好評、なかには、
「乾燥肌なのでちょっと拝借して洗顔に。ツッパリがありません」(32歳女性)
という大人の女性の声もありました。

 

パパとママも一緒に使える、ドルチボーレベビーソープは、
楽天市場のベビーシャンプー・ソープ部門で堂々1位を獲得、
スキンケア大学のうるおいボディケア講座でも、紹介されています。

 

内容量300mlで、価格は税別3200円、初めての購入なら、送料は無料です。
さらに、LINE@で友達登録すれば、300円オフのクーポンもプレゼントされます。

 

公式通販サイトはこちら

 

ドルチボーレベビーソープはは乳児湿疹はもちろん大人にも使える優れもの

私がドルチボーレに出会った理由は、我が子の乳児湿疹がきっかけでした。

 

私自身が幼少期からアトピー体質で、大人になってからもなかなか治らずにそのまま成人アトピーになっていました。
その後結婚・妊娠を経て、無事に赤ちゃんが生まれました。生まれる前から、もしかしたらうちの子もアトピーになってしまうんじゃないか?そう感じてはいたのですが、予想は的中しました。

 

我が子は生まれてすぐに重度の乳児湿疹を発症しました。
看護師さんは「よくある事だからあまり気にしなくても大丈夫」と言ってくれたんですが、退院して数週間たっても治らず、むしろ症状は悪化していました。

 

 

あまりに顔が可哀想な事になっていたので、皮膚科に行くとやはりもらったお薬はステロイド。
私自身、アトピーでステロイドの怖さを十分理解していたので、子供にだけは使いたくない…そう決めていたので、結局使用しませんでした。

 

なんとかセルフケアで治してあげたいと思い、ネットや楽天でリサーチしてたどり着いたのがこのドルチボーレでした。
口コミが良かったので、一度試してみるか…最初はそんな思いでした。

 

そもそも乳児湿疹はしっかり石鹸で洗ってあげたほうがいいと聞いていたので、今まで市販のベビーソープをいくつか試してみたのですがどれも乳児湿疹が治る気配はありませんでした。

 

しかしこのドルチボーレは違いました。
とりあえず数週間様子見でしばらく使用してみたんですが、明らかに湿疹が落ち着いてきて、その後小児科に行く機会があったのですが、以前の我が子の乳児湿疹の状態を知っていた先生から「あれ?お顔治ってきたね〜」と褒められました。

 

ドルチボーレの良い点はいくつかあるのですが、まず泡で出るタイプというのが決め手でした。
よく固形タイプの赤ちゃん石鹸がありますが、赤ちゃんを待たせながら泡立てるのも面倒ですし、何より自分で泡立てるのと、このドルチボーレの泡を比べると全然違いました。

 

泡の柔らかさや泡のキメが全く違うので肌に乗せてもすごく心地よいのです。しかも泡切れもとてもよく、体に成分が残る事がありません。
次に良かったのは、やはり製造工程です。工場の様子などがホームページに載っていて、品質管理が徹底されているのがわかりました。

 

もちろん無香料無着色、無鉱物油、ノンパラベンノンシリコン、ノンアルコール、石油系界面活性剤不使用です。

 

しかしそれらは今では赤ちゃん用品では当たり前になって来てはいるのですが、更に気に入ったのが、セラミドの類似成分のコメヌカスフィンゴ糖脂質が入っていることです。これを使っていると、保湿もしていないのに何だかお肌がものすごく潤うというか、お風呂上りでもあまり乾燥が気にならなくなりました。

 

これはきっと、このセラミド類似成分が入っているお陰なのかな?と思います。
今では、アトピー体質の私にとっても全身を安心して洗えるお気に入りの商品になりました。これからもぜひお世話になりたい商品です。

 

公式通販サイトはこちら

 

赤ちゃんの肌を守ることができるベビーソープはコレだ!

赤ちゃんの肌はとても柔らかく、そっと扱わないと傷つけてしまいそうです。
弾力も潤いもたっぷりあり、みずみずしい肌はまぶしいばかりです。
そんな肌を守るためには、いつも清潔に保たなければなりません。
小さな子供はとても活動的で、何事にも全力を出します。
だから汗もたっぷりかきます。
頭にも汗の玉がプツプツと見えることもあり、こんなに汗をかいたのかと驚くこともありました。

 

しかしどんなに汗をかいても、汚れても、子供はお構いなしです。
そのまま放っておくと、あせもやかぶれの原因になってしまいます。
お風呂では、しっかり汚れを取り除いてやらなければなりません。
でも赤ちゃんの肌は、実は乾燥肌でもあるのです。
まだ皮脂の分泌が弱く、肌を守る機能が十分に育っているわけではありません。
むやみやたらに洗浄してしまうと、肌に必要な皮脂まで流してしまう可能性があるのです。

 

肌の乾燥を引き起こしてしまうと、ちょっとの刺激でもかゆみを感じてしまうようになります。
だから、清潔にするために使うボディソープにも気を使います。
一般的なボディーソープには、界面活性剤やエタノール、防腐剤といった添加物が入っていたり、シリコン入りのものもあります。

 

このシリコンが曲者です。
シリコンは毛穴を塞いでしまうので、汚れは取り除かれるのではなく、そのまま残った状態で出口を塞がれてしまうのです。
さらに皮脂も必要以上に分泌されるので、逃げ道がなくなった汚れや細菌と一緒になり、ニキビなどの原因になるわけです。

 

また香りがずっとキープできることをアピールしているものもあります。
これは逆を言えば、ずっと残るようなきつい香りのものだということです。
このようなソープは、大人の敏感肌の方にも不向きです。
赤ちゃんの肌をトラブルから守ることができるのは、「Dolci Bolleベビーソープ」です。

 

このベビーソープは、まず水が違います。
佐賀県の脊振山山系の、非加熱天然水を100%使っています。
さらに肌を整えることができるミネラル成分のケイ素を配合しています。
さらに無添加・無香料はもちろん、無着色でノンシリコンです。
肌の保湿成分として、ヒアルロン酸やセラミドに類似したコメヌカスフィンゴ糖脂質も配合されています。

 

このように必要な成分だけを厳選して作られたベビーソープなのです。
だからボディソープとしてだけではなく、洗顔ソープとしても使用することができます。
そして赤ちゃんだけではなく、大人でも安心して使うことができるので家族全員で使用することができます。

 

公式通販サイトはこちら